あなたは、「断捨離」という言葉を聞いたことがありますか?

実際に日常的に使い生活に取り入れている方、身近な人が断捨離している方、文字からイメージがつく方など多くいるかと思いますが、言葉本来の意味を知らない方も意外と多いのが事実です。

「断捨離」の意味や語源、使い方をこの機会にしっかり覚えていきましょう。

断捨離の意味とは?

「断捨離」とは、「快適で潤いある生活と人生を手に入れることを目的としており、単なる片づけだけではなく、心の整理整頓・精神面の安定も含め自分自身のための片づけ」という意味です。

断捨離の語源は?

「断捨離」の語源は「ヨガの断行・捨行・離行の行法をヨガ道場で学んだ断捨離の第一人者であるやましたひでこ氏が、考えた造語です。

すでに十分すぎる物に囲まれている生活の中で、さらに入ってくる物を入れないようにする(断)。

家の中で存在すら忘れ去られている物を手放す(捨)。

いつか使うかもしれないといった物へのこだわりをなくす(離)。

この3つの考え方を実行することで心身の安定を図り生活及び人生を豊かにしていくことができるという思いがこめられています。

断捨離の使い方と例文

断捨離は、数多くある片付け方法のひとつですから、片づけを行った時やこれから片付ける時にSNS上でも使うことができます。

ただし、自分自身のための片づけだということを忘れて家族や人の物を捨ててしまうとSNS上でも軽蔑される元となってしまいあなた自身が、SNS上や家族から断捨離されてしまいますので注意してください。

物を捨てた時

・みんながやっている流行りの断捨離始めたよ~

・断捨離3日目。頑張って整理整頓中

・断捨離したら気持ちまでスッキリ

同僚とのやり取りの時

日常生活の中で、ご厚意で物を譲ってもらうことがあるかと思います。ただ、中には自分自身にとって、もらってしまうと少し困るような場合にあれこれ言い訳をするよりも、効果的な場合もあります。

特に断ることが苦手な方にとっては、言葉の力を借りて相手を傷つけることなく断ることができます。ただし、忘れたころに再度、「あげるよ」と打診され断り切れなくなることもあります。

・今、断捨離中なのでひと段落したときに考えさせてください

・断捨離を始めたので