皆さんは「www(w)」という言葉をご存知ですか?

多くの方がインターネットの「ワールド・ワイド・ウェブ」(http://www.〇〇〇.comのwww部分)を思い浮かべるしょう。

しかし、メールやチャットやラインなどの文章の後で「w」と1文字だけ使われていたり、逆に、「wwwwwwww」のように「w」がいくつも使われているのを見ると何の意味なのかと戸惑う方もいるかもしれません。

そこで今回は、若者がネットで使う「www(w)」の意味と使い方をご紹介します。

「www(w)」の意味とは?

「www(w)」の意味は、「笑い」のことです。

単なる笑いの意味だったり、嘲笑の意味だったり、いろいろなニュアンスで使わているため、前後の文脈から意味を判断するしかないようです。

「www(w)」は「wara(笑)」の「w」を重ねた言葉です。「w」と1文字だけで使ったり、何文字も重ねて「爆笑」の意味で使ったりします。

1文字の「w」は「わら」や「藁(わら)」、長い「w」は「草」とか「草生える」、「芝」、「大草原」などと表現することがありますが、読み方が決まっているというわけではありません。

意味が似ている言葉として、「ワロタ」、「ワロス」、「lol」があります。

「www(w)」の元ネタは?

海外のオンラインゲームで日本語が使えないため、(笑)の代わりに「(warai)」を使ったのが最初で、さらに「(warai」 → 「(w」 → 「w」と省略されました。

これが一般に広まったのですが、この「www(w)」というネット用語を嫌う人もいて、「(笑)」のほうを好んで使う人もいます。

「www(w)」の使い方と例文

時と場合により使い分けが必要です。文脈により単なる笑いの意味ではなく、嘲笑と受け取られる場合も。

親しい友人の間のやりとりで

あなたのこと、うちの親がいつも噂してるよ。いいことばかりじゃないけどwww

この前教えてもらったお菓子おいしすぎてとまらない。おかげでちょっと太ったかもw

うちのばあちゃんに「〇〇なう」って言葉を教えたら、最近家の中で濫用しすぎwww

youtubeなど、共有動画のコメントで

うp待ってたw

言ってることが意味不明www