あなたは「lol」という言葉を見たことがありませんか?

海外のペンパルからメールをもらったけれど文中の「lol」の意味が分からない。youtubeのコメントの「lol」の意味を知りたい。

そんな方のために、この記事では「lol」の意味や由来についてご紹介します。

「lol」の意味とは?

「lol」は「大笑い」の意味です。

「laugh out loud」、または「lots of laughs」の頭文字で、ネットスラングです。

常に「大笑い」の意味を持つわけではなく、冷笑、苦笑、皮肉、自嘲等、様々なニュアンスで使われています。

似た意味

似た意味で、日本にも「(笑)、「ワロス」、「ワロタ」や「w(warai)」というのがあります。

ちなみに、「w」を「www」と連ねると草が生えているようなので「草」とも言います。

進行形や過去形

進行形で「lolling」、過去形で「lolled(またはlold)」と使うこともあります。

強調

「lol」を強調して、「ROFLまたはROTFL(rolling on the floor)」「LMAO(laugh my ass off)」という言い方もあり、それぞれ、「腹を抱えてひっくり返るほど大笑いする」、「大爆笑だ」の意味になります。

リーグ・オブ・レジェンドは「LOL」や「LoL」

「lol」というと、インターネットゲームが好きな人ならすぐに「league of legends(リーグ・オブ・レジェンド)」という人気ゲームを思い出すかもしれませんが、このゲームは通常、「LOL」や「LoL」と略されます

その他の意味での使われ方

このほか、「lol」は手紙やEメールの結び文句として「lots of love」、相手の幸運を祈って「lots of luck」の意味で使われることがあります。

「lol」の由来は?

ネットスラングの「lol」は、1980年にwayne pearsonという人がネットニュースの中で最初に使いだしたそうです。それ以来、英語圏でチャットやテキストメッセージの中で次第に広まったようです。

「lol」の使い方と例文

「lol」は英語圏でどんなニュアンスで使われているのか、いくつか例を見てみましょう。日本語の中で使うとき、参考になると思います。これらは、いずれも「ははっ」、「へへっ」、「ふふっ」という感じでしょう。

何か面白いことを言われた時

「今朝、寝坊してね。ケータイと間違えてテレビのリモコンを持って家を出たんだ。」

「lol」

お世辞を言われて照れ隠しに

「あなたって本当にいい方ね!」

「lol」

相手が何かのことで怒っている時

「陰で私の悪口言うなんて!」

「lol」

興味のない話題でも相手を無視できない時

「水彩画も極めると奥が深くてね。」

「lol」

深刻な気分を軽くするため、自分で使って

「死にたいよ、全く!lol」

愚痴を聞かされた時

「ちょっとの間、停車しただけなのに。罰金なんて!」

「lol」